無料会員制サイト

Googleの「検索方法」知らなければ損する3つの理由!

Googleの検索方法

今更聞けない「Google」の検索方法。

これからアフィリエイトを始めようと思ったら知らないでは済まされません。アフィリエイターならGoogleで検索する回数は1日に数えきれないほどになるはずです。

私はキーワードをリサーチする時は、4時間位かけて一気にやってしまいます。おかげでロボットと間違えられてGoogleから警告が表示される時も・・・

そんな時は一旦休憩して再開、そして一心不乱にキーワードのリサーチをやり続けます。もちろん、その間にツールを使ってライバルチェックも忘れません。

なぜ「Google」の検索方法を知らなければ損をするのか?

  1. ライバルたちは全員知っている
  2. 驚くほど時間を無駄にしてしまう
  3. お宝キーワードを探せない

こんな感じです。
1番、2番はだいたい想像できますよね。

3番に関しては基本的に「お宝キーワード」は存在しないと言うとのが私の考えです。ちょっと矛盾していると思われるかもしれませんが、私が考える「お宝キーワード」とは誰よりも早く「稼げる」キーワードを見つけると言う意味です。

稼げそうなキーワードを見つけたら、すぐに記事を作成します。当然、後からライバル達が追い上げてきますが、早く記事を書くことで少しだけアドバンテージがある訳です。

そのためにも絶対に知って置かなければいけないのがGoogleの検索方法。いかに効率よく、または時間を書けずに検索できるかが勝負の分かれ道になります。

そこで今回は基本的な検索方法から、意外と知られていない検索方法までを紹介していきます。

ただし、ブログで書ける範囲で。
ディープな部分はメルマガに書いていますので参考にしてください。

基本的Google検索方法

Googleの検索方法で基本的なパターンは3つあります。

「AND」検索
「アフィリエイト ジャンル」
キーワードの後に空白スペースを入れる基本的な検索方法です。
「OR」検索
「アフィリエイト OR ジャンル」
2つ以上のキーワードのどちらかを含む検索結果が表示されます。
「NOT」検索
「アフィリエイト -ジャンル」
検索結果を絞り込みたい時などに使うのが「NOT」検索です。半角スペースのあとに半角「-」をつけて検索します。

NOT検索の場合は2つ目のキーワード「ジャンル」が含まれない検索結果が表示されます。

この検索方法をしらない?
それはアフィリエイターとして赤信号点滅状態。

非常に危険です。

「あ~思い出せない」そんな時に役立つGoogleサジェスト機能

Googleサジェスト機能

何かを検索しようと思ってスマホやパソコンの前でフリーズ

そんな経験をしたことはありませんか?

  • 検索したい言葉が思い出せない
  • 記憶が曖昧で言葉の一部しか分からない

そんな時に役立つのが「Google」や「Yahoo!」のサジェスト機能です。

検索窓にキーワードを打ち込むと、すかさず「AND検索」の候補が表示されます。これがサジェスト機能で、一定の検索数がある言葉が候補として表示されます。

実はこのサジェスト機能、上手く使えるようになるとキーワード選びにも効果的なんです。

なかなかキーワードが思い浮かばないときは、「あかさたな・・・」と適当に打ち込んでいくと思わぬキーワードが見つかったりします。

Googleの「もしかして」検索を知っていますか?

本当に言葉通り、「もしかして」検索です。
あなたも体験したことがありますよね。

思い出せないなら「もしかして、こんなキーワードだったかなぁ」

そんな時は迷わず適当に打ち込んでみましょう。
画像のように「yadoo」と入力すると・・・

出ましたね「もしかして」

もしかして検索

この「もしかして」を表示されるのは結構難しんです(笑)

普通はこんな感じで表示されます。

普通の検索結果

とにかく思い出すまでの考えるのではなく、適当でもいいから検索してみることです。何もしないで時間が経つのを待つのだけはやめましょう。

意外に便利なGoogle「アスタリスク」検索

ブログやメルマガを書く時には、あまり難しい言葉を使わない方が良いと言われています。

しかし、たまに格言とか書きたくなりますよね。
そんな時に活躍してくれるのがGoogleの「アスタリスク」検索です。

アスタリスクは「*」です。

のれんに*おし

アスタリスク検索

しっかりと「暖簾に腕押し」が表示されましたよね。実は「のれん」と打ち込んだだけでサジェスト機能の「暖簾に腕押し」が表示されちゃったりするんですけど。

今回はあくまでも例としてなのでお許しを。

次からは、もう一歩踏み込んでみましょう!

検索結果を徹底的に絞り込む「Google」の検索方法

検索結果を徹底的に絞り込む

Google様は働き者なので、あまり曖昧なキーワードで検索すると自分の探している情報に中々たどり着けない場合があります。

しかし、その辺も抜かりのないGoogle様。
ちゃんとユーザーのニーズを考えてくれているようです。

次からは検索結果を絞り込む方法を紹介します。

やり過ぎると逆効果にもなりますので注意するようにしましょうね。

思い通りの結果を表示させるなら「完全一致検索」

トレンドアフィリエイトとかをやっている人は良く使うと思うのですが、歌詞の一部は思い出せるけど曲名とアーチスト名が分からない。そんな時に活躍してくれるのが「完全一致検索」です。

その他にも何か特定のフレーズを調べたい時には「ダブルクォーテーション」で文章を挟むと効果バツグンです。ちなみにダブルクォーテーションは「Shift +2」で表示される「”」のこと。

「”社交ダンスの衣装と靴”」

完全一致検索

どうでしょう?
検索結果は一件だけでした。

ここまでマニアックな検索をする人はいないと思いますが、究極まで検索結果を絞り込みたい時は「完全一致」検索を試してみてください。

日本語のページだけを表示させる検索方法

日本語のページだけを表示させる検索

あまり英単語だけで検索する人は少ないと思いますが、プログラマーやWEB制作の仕事などをしていると「日本語のページだけを表示」させる検索方法を知っていると重宝します。

方法は簡単ですので画像を参考にして挑戦してみてください。

  1. 「ツールをクリックする
  2. 「全ての言語」をクリックする
  3. 「日本語だけのページを検索」

これで日本語だけのサイトが検索結果に表示されるようになります。

もう止まらない?まだまだあるマニアックな検索方法!

期間指定検索

こんども先程と一緒でツールを使います。

  1. 「ツール」をクリックする
  2. 「期間指定なし」をクリック
  3. 期間を選んでください

ここで4番の「期間を指定」をクリックすると、何とカレンダーがポップアップ表示されます。表示させたい期間をカレンダーで選べば見事に思い通りの検索結果が。

こんなのあり?超々マニアック過ぎる検索方法!

マニアックなGoogle検索方法

この検索の仕方をする人は超々マニアックだと言えるでしょう。

まずは画像を参考にしながら試してください。

  1. キーワードを打ち込みます
  2. 「I’m Feeling Lucky」をクリック

結果は・・・
ここでは発表しないでおきます。

あなたも驚くかもしれませんよ!

「Google」検索方法のまとめ

Google検索方法のまとめ

本当にGoogle様は働き者なので、まだまだ紹介しきれない検索方法があります。

後は使い方を間違えると悪用される恐れがあるので、ブログで書くのはこれくらいにしておきます。

メルマガでは紹介しますけど。

それではこれまで紹介した「Google」検索方法をまとめてみましょう。

  1. 「AND、OR、NOT」検索方法
  2. サジェスト機能検索
  3. もしかして検索
  4. アスタリスク検索
  5. 完全一致検索
  6. 言語指定検索
  7. 期間指定検索
  8. 最上位サイト瞬時検索

何度も言いますけど、Google様は働きすぎです。
そんなに働かなくていいから、侍仕事塾を上位表示してくださいよ。

と、叶わぬ夢を見ながら今日は寝ようかな。

既に知っている、あるいは初めて知った。
色々とあるとは思いますが以上でGoogleの検索方法は終了します。

メルマガ読者はお楽しみに。。。

それでは次回お会いするまで、さようなら!

経験ゼロだった普通の人が1年で年収1,000万円?!

ゼロから始めて1年間で100万PV達成。秘密の集客術を無料公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください