無料会員制サイト

誰でも出来る簡単イラストレーターでロゴ作成

イラストレーターでロゴ作成

今回のテーマはイラストレーターでロゴ作成。
あまり取り扱って来なかったテーマなんですけど、それには色々と理由がありまして。

全ての人がイラストレーターを持っているとは限らないので遠慮していました。しかし、これからアフィリエイトをする上では画像加工は必須のスキルとなります。

「Adobe Creative Cloud」は月額4,980円、単体プランですと月額2,180円で契約が出来ます。

まずはフル機能が使える体験版をダウンロードして、これから紹介するロゴ作成にチャレンジしてみて下さい。

エンベローブとメッシュ

さ~、ロゴを作成しよう。
だいたいの人はデザインをどうするか考えるはず。

しかしデザインを考えているうちに、時間ばかりが過ぎて行くのはもったいない話です。

文字を変形させるだけでも立派なロゴが作成できますので、次から紹介する方法を体験版を使いながら試してみましょう。

簡単「ワープ」機能を使ってロゴ作成

簡単「ワープ」機能

イラストレーターの「ワープ」機能を使うと簡単にロゴを作成する事ができます。

STEP1
STEP1

  1. 適当な大きさのキャンバスを作成
  2. 文字の入力(フォントはImpactを使用)
  3. 文字色を決める(#DCDDDD)
STEP2
STEP2

  1. オブジェクト⇒エンベロープ⇒ワープの設定
  2. スタイルから「上弦」を選択
  3. カーブを調整⇒OK
STEP3
STEP3

  1. オブジェクト⇒アートボード⇒オブジェクト全体に合わせる
  2. ファイル⇒書き出し⇒Web用に保存
  3. 保存形式(GIF、JPEG、PNG)を指定して保存

イラストレーターの使い方に慣れていない人でも、3分~5分で完成させる事が出来ると思います。

【復習】動画で見るワープ機能でロゴ作成

ワープ機能を使ってロゴを作成するのが一番簡単です。動画で説明するまでもないかもしれませんが、とりあえずご覧下さい。

動画で見るイラストレーターのワープ機能

文字の下に線を引いたりして一工夫するだけで、また違った見た目になるので色々とチャレンジしてみて下さい。

簡単「メッシュ」機能を使ってロゴ作成

「メッシュ」機能を使ってロゴ作成

今度は「メッシュ」機能を使ってロゴを作成してみましょう。

STEP1
STEP1

  1. 適当な大きさのキャンバスを作成
  2. 文字の入力(フォントはImpactを使用)
  3. 文字色を決める(#CAA846)
STEP2
STEP2

  1. オブジェクト⇒エンベロープ⇒メッシュの設定
  2. 行数「2」 列数「2」
STEP3
STEP3

  1. ダイレクト選択ツール
  2. 左下のアンカーポイントを選択
STEP4
STEP4

  1. オブジェクト⇒変形⇒移動
  2. 左下のアンカーポイントを選択
  3. 水平距離と垂直距離を入力
  4. 右下のアンカーポイントを選択
  5. 水平距離と垂直距離を入力
STEP5
STEP5

  1. オブジェクト⇒アートボード⇒オブジェクト全体に合わせる
  2. ファイル⇒書き出し⇒Web用に保存
  3. 保存形式(GIF、JPEG、PNG)を指定して保存

以上で終了となります。

【復習】動画で見るメッシュ機能でロゴ作成

それではメッシュ機能を使ってロゴ作成を動画で復習してみましょう。

動画で見るイラストレーターのメッシュ機能

ちょっと手を加えるたけで、それなりのロゴが作成できます。

「タイポグラフィ」文字をアレンジしてロゴ作成

タイポグラフィ

タイポグラフィって何?
そう聞かれると答えようがないんですよね。

文字を美しく表現する、あるいはデザインする、こんな感じです。

ところが英語を美しく加工するのは簡単なのですが、日本語となるとそうは行きません。

突然の質問です。
フォントの価格はいくら位でしょうか?

Macにはデフォルトで「ヒラギノ」という美しい日本がが入っていますが、Windowsには入っていなんです。

この「ヒラギノ」フォントを購入すると5万円以上かかります。フォントってそんなに高いの?と思うかもしれませんが本当に高いんです。

前置きはこれくらいにして、同じ手法を使って英語と日本語でロゴを作成してみましょう。

英語と日本語でチョーク風文字ロゴ作成

フィルターを使えば簡単に色々な表現が可能です。

STEP1
STEP1

  1. 文字入力(Haettenschweiler)
  2. 選択した文字のトラッキングを調整
STEP2
STEP2

  1. 文字をアウトライン化
  2. アピアランスで塗と線の色を指定(白)
STEP3
STEP3

  1. 効果⇒スタライズ⇒落書き
  2. 落書きオプションの設定
  3. 画像を参考に設定してください

今回は一番簡単な方法を紹介しました。
ブラシの効果を追加すれば見た目もかなり変わってきます。

背景色に合わせて文字色は調整するようにしましょう。

【復習】動画で見るチョーク風ロゴ作成

さっそく動画でチョーク風ロゴ作成を復習してみましょう。

イラストレーターでチョーク風ロゴ作成

いかがだったでしょうか?
何となくチョーク風に仕上がったと思うんですが・・・

イラストレーターをマスターする秘訣は使い慣れること

イラストレーターをマスターする秘訣

また当たり前の事を書いてしまいました。
でも、これって非常に重要な事なんです。

全ての機能を理解してからでは、勉強疲れて1ヶ月があっという間に過ぎてしまいます。無料体験版を使えるのは1ヶ月間ですから時間を有効に使うようにしましょう。

ポイント

  1. 簡単な事から始めるべし
  2. 効果やフィルタを使用して作品を完成
  3. 短い時間で多くの作品を作成しよう
  4. 機能を理解するよりも使い慣れる事が重要

1ヶ月使用してみて自分には必要がないと思ったら、「Inkscape」などの無料ソフトを試してみて下さい。

今日の記事は参考になりましたか?
それでは次回お会いするまで、さようなら!

追伸:
Facebook友達募集中です。

友達申請時にメッセージ「合言葉SAMURAI」と送って頂くと、完全個別無料コンサルの特典付きですのでよろしくお願い致します!!

 Facebook友達申請はこちら

あなたも正しい方法でメルマガ始めてみませんか?

前代未聞の超絶価格破壊。こんな価格で会員制サイトが作成できるなんて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください