無料会員制サイト

アフィリエイト初心者でもわかる簡単すぎる内部SEO対策

内部SEO対策

侍仕事塾ではSEO(検索エンジン最適化)に関連した記事を、出来るだけ分かりやすく提供していきたいと考えていますが、どうしてもSEOと聞いただけで拒否反応を示す方も多いようです。

しかし、アフィリエイトを始めようと思ったら、絶対に勉強しておかなければいけないのがSEO対策。

コンテンツSEOと言われる時代になり、初心者の方にとってもSEO対策のハードルがかなり下がってきたように感じています。

今回はアフィリエイト初心者の方でも簡単にできる内部SEO対策について紹介していきたいと思います。

コンテンツSEOと内部対策
何度も何度もコンテンツSEOと言うキーワードが出てきますが、これからの時代はそれほど重要だと理解して下さい。

SEOについては
>SEOに強い記事を書くためのキーワード選びの鉄板法則はある?<
の記事の中でも紹介しているので参考にして下さい。

復習の意味でSEO対策には大きく分けて

  • 内部SEO対策
  • 外部SEO対策
この2つ分ける事ができます。

今回のテーマは「内部SEO対策」についてです。
外部SEO対策については、今の段階では完全に無視して下さい。

見よう見真似で外部SEO対策をしても、4~5年前のように上位表示させることは困難です。
逆に時間を失い、Googleからはペナルティーを受ける可能性すらあります。

まずは良質なコンテンツを作成すること。
そして効果のある内部SEO対策を施す事だけを考えるのが大切です。

それでは次からは、内部SEO対策とは具体的にどんなものなのか紹介していきます。

内部SEO対策で迷わないためのロードマップ

ロードマップ
まずは上の画像をご覧下さい。
これは物販アフィリエイトのブログを作成した時のイメージです。

侍仕事塾は情報発信型のブログですので、画像のようなイメージとは異なってきます。

物販アフィリエイトのブログを作成する場合は、最終的にはアフィリエイト記事に、いかに多くのアクセスを集めることが出来るかが成功のカギとなります。

ここで気をつけなければいけないのは、読者はセールスを嫌うという事です。

意味もなく、ただアフィリエイト記事にアクセスを集めても成約につながる可能性はゼロに近いでしょう。

何度もブログで紹介しているように、必ず戦略を練って、テーマを決めてブログの設計図を作成し、記事毎にベルソナを設定する。

それぞれの記事には役割があります。

  • アクセスを集めるための記事
  • 読者の欲求や悩みを解決する記事
  • アフィリエイトするための記事
アクセスを集めるための記事
いわゆるトレンド系の記事です。
あなたのブログのテーマにそったトレンドネタを記事にして、検索やSNSなどからのアクセスを集める。
読者の欲求や悩みを解決する記事
この記事は主に検索からの流入となります。
欲求や悩みに対して、しっかりとした答えを返してあげる事でアフィリエイト記事への誘導も自然に出来るようになります。
アフィリエイトするための記事
アフィリエイトするための記事の場合はいくつかの手法があります。
  • レビューや体験談の記事
  • 口コミなどの紹介記事
  • 話題性をアピールする記事
上にあげた例の中では「レビュー記事」が一番反応が取れます。

話題性をアピールする記事とは、「有名芸能人の○○さんも使用している○○化粧品」といった記事のことです。
あくまでも、「私がセールスしている」のではなく「○○さんが使用して、こんな感想を」、権威性を利用して商品を間接的にセールスする手法です。

このように、それぞれの戦略にそった記事を、効果的にリンクさせて行くのが内部SEO対策の1つです。

内部SEO対策を成功させるためのキーワード比率

キーワード比率
一つの例として「ダイエット 足やせ 効果」と言うキーワードで記事を書いたとします。

当然タイトルにはキーワードを入れるのが鉄則です。
そして、本文中にもキーワードを散りばめる必要があります。

一般的には5%前後と言われていますが、5%前後と言われてもピンとこないのではないでしょうか。

私はそうでした。

最初は「http://ohotuku.jp」のウェブサービスを使って、キーワードの出現比率などをチェックしていましたが、正直こんな事やってられません。

キーワード比率を気にして記事を書いても良質なコンテンツを書くのは無理です。

そこで、思考を切り替えました。
キーワード比率は気にせず、最低限タイトルにキーワードを入れるようにしようと。

そして記事を書き上げて読み直した時に、感覚的に本文中にキーワードが少ないようなら修正する。

修正すると言っても、初心者の方にとっては難しいかもしれません。
そこで、簡単にキーワード比率を高める方法を紹介します。

キーワード比率を高めるポイントは指示語

指示語
指示語については学校で習ったと思いますが簡単に補足を。
  • これ
  • この
  • あれ
  • あの
  • それ
  • その
本当に石を投げられそうなほど、簡単な説明でしたが、指示語を無意識に使ってしまうことが多いんです。

指示語を使ってはいけないのではなく、あくまでも内部SEO対策するときに、キーワード比率が少ないと感じた場合を置き換える事が出来るという意味です。

あまり本文を修正してしまうと、読みづらく意味が伝わらなくなってしまうので、指示語をキーワードに置き換えられる所は置き換えてみて下さい。

自然にキーワード比率も増えて、5%前後に落ち着くはずです。

共起語を使って内部SEO対策

共起語について

共起語とは?
キーワードと関連性の言葉のことは共起語と言います。
簡単な例をあげると
キーワード「アフィリエイト」の共起語は
  • 報酬
  • 収入
  • 収益
  • やり方
  • その他
クローラーがキーワードを元にしてページの内容を理解するとき、共起語が少ないと、このページはキーワードと関連性が低いと判断される可能性があります。

文章内にキーワードの共起語が少ない場合は、文章を修正する事で内部SEO対策にもなります。

しかし、いきなり共起語を文章の中に入れるように言われても戸惑ってしまいますよね。

そんな時は便利なウェブサービスを使いましょう。

  • 共起語検索ツール「サクアラサク」
  • https://www.sakurasaku-labo.jp/

無料の会員登録が必要になりますが、共起語を知りたい時には非常に便利です。

内部SEO対策の一つとして共起語を使用する方法を紹介しましたが、キーワードに対して記事を書いていれば自然と共起語も増えてくるはずです。

アフィリエイト初心者の方は、あまり意識する必要はないかもしれません。

しかし、共起語が少ないという事は、キーワードに関する記事がしっかりと書けていない事になるので気をつけましょう。

尽きることがない内部SEO対策

尽きない内部SEO対策
今回紹介した方法が内部SEO対策の全てではありません。

良質なコンテンツを作成しても、読んでくれる人がいなければ宝の持ち腐れになってしまいます。
最低限、今回紹介したような内部SEO対策を施す事で、Googleの検索順位が上昇することも期待できるでしょう。

めんどうだから、時間がかかるから、そんな理由で内部SEO対策をしなければ、いつになってもアフィリエイトで成功する事は困難です。

是非、内部SEO対策の重要性を理解して、良質なコンテンツを作成して下さい。

きっと明るい未来が、あなたを待っているはずです!

経験ゼロだった普通の人が1年で年収1,000万円?!

ゼロから始めて1年間で100万PV達成。秘密の集客術を無料公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください