無料会員制サイト

資産ブログを構築するためのロングテールキーワード戦略

ロングテール

また聞きなれない言葉が出てきましたね。

ロングテールキーワードって何?

まず、ロングテールについて。
ロングテールとは、よく恐竜の尻尾に例えられます。
長くて、先にいけばいくほど細くなるという意味です。

つまり、ロングテールキーワードとは、競争率の高い1語の「ビックキーワード」で記事を作成するのではなく、2語「○○+○○」、3語「○○+○○+○○」、4語「○○+○○+○○+○○」と、検索需要が少なくても競争率が低いキーワードで記事を作成することです。

「そんな簡単な方法で資産ブログが構築できるんだ。」

期待を裏切るようで申し訳ありませんが、簡単には資産ブログを構築することはできません。

それでは、どのようにしてロングテールキーワード戦略を使いながら資産ブログを構築していくのかについて説明していきたいと思います。

キーワード図解
まず、上の画像をごらんください。
アフィリエイトをやっている方なら、何度も見掛けたことがあるグラフだと思います。

「初めて見るんだけど」
そんな方のために、簡単な例を用いて説明してみます。

バックを買いに専門店Aに行きました。
広い店内には魅力的なバックがいっぱい。
お店の奥まで行くと、前から欲しかった高級バックが。ついつい衝動買いしてしまいました。
バックを買いに専門店Bに行きました。
専門店Bの店内は高級ラウンジ風。
商品はお目当てのブランドの高級バックだけ。
お店の人に案内されながらお目当ての高級バックを購入して気持ちよく帰る。

ロングテールキーワード戦略は「専門店A」のようなイメージです。

店内の他の商品を見せてお客さんの興味をそそり、利益率の高い高級バックを買ってもらう。

ロングテールキーワードは競争率の低いキーワードで上位表示を狙い、集めた少ないアクセスを売りたい商品に誘導していく。

後発組の初心者アフィリエイターでも、トップアフィリエイターに対抗できる効果的な手法です。

ロングテールキーワード戦略3つの鉄則

鉄則
例えば、自分がアフィリエイトしたい商品があったとします。
その商品は認知度も報酬も高く非常に人気のある商品です。

このブログで何度も言っている「売れる商品を売る」のがアフィリエイトの鉄則ですので、例にあげたような商品は他のアフィリエイター達が見逃すはずはありません。

初心者アフィリエイターが頑張っても、商標キーワード単体で上位表示する確率は限りなくゼロに近いでしょう。

ただ、ここで諦めてしまってはアフィリエイトで稼ぐことは絶対にできません。

そこでロングテールキーワード戦略の出番です。

ロングテールキーワード戦略3つの鉄則
商標名キーワードは使用しない
競争率の高い商標キーワードを使用する必要はありません。
書く時間が無駄になってしまうだけです。
読者の悩みや欲求に対して的確な答えを返す
複合キーワード「○○+○○」は3語、4語と増えれば増えるほど欲求や悩みが深い証拠です。

欲求や悩みの深い読者に、的確な答えを返してあげる事で、あなたへの信頼度も増していきます。

そして、あなたが紹介している商品なら購入してみようと考えるはずです。

記事の更新頻度をあげて記事数を増やしていく
ロングテールキーワードは1記事で爆発的なアクセスは望めません。

少ないアクセス数でも多くの記事で濃い読者を集めることで、成約率も上がっていきます。目標としては1日1記事、三ヶ月で100記事を目安にしてください。

それくらいの記事を投稿していくと、ロボットのインデックスのスピードも早くなり、結果も出やすくなってきます。

商標名ではなくビックキーワードを狙え

ビックキーワード
ビックキーワードとは
  • クレジットカード
  • ダイエット
  • ニキビ
その他にも色々とありますが、簡単に言うと検索される数が非常に多いと言うことです。

えっ、さっきの話と矛盾してない?
そう、思われる方もいるかもしれません。

競争率の高い商標キーワードを狙わないのに、競争率の高いビックキーワードはなぜ狙うのか?

次からは、競争率の高いビックキーワードを狙う理由について説明していきたいと思います

ビックキーワード単体で記事を書くアフィリエイターは一人もいない

記事
ビックキーワードの1つ「ダイエット」で1位表示されれば、当然ですが大きな報酬を得ることができます。

しかし、1位表示された記事がビックキーワード「ダイエット」1語の単体キーワードで記事を書いているわけではありません。

そもそも単体キーワードで記事は書くのは無理です。

私はブログの中ででアフィリエイト初心者が記事を書けない理由はペルソナ設定にあり!という記事を書いています。

しっかりとしたペルソナ設定ができていなければ、新人アフィリエイターだろうがベテランのアフィリエイターだろうが記事を書くことはできません。

例えば

  • ダイエット 運動
  • ダイエット 食事
  • ダイエット サプリメント
複合キーワードになると、記事のテーマが見えてきます。
  • ダイエット 運動 足痩せ
  • ダイエット 食事 カロリー
  • ダイエット サプリメント 価格
さらに3語の複合キーワードになると、もっと具体的な読者が求めている悩みや欲求が明確になります。

読者の悩みや欲求に対して、しっかりと答えを返すことで、読者の満足度も増して結果的に滞在時間も長くなり、そしてGoogleはあなたの書いた記事を良質なコンテンツだと認識します。

先ほど例にあげた3語の複合キーワード「ダイエット 運動 足痩せ」が良質なコンテンツだとGoogleに認識されれば何がおこるのか?

それは2語の複合キーワード「ダイエット 運動」でも上位表示される可能性が高まってきます。

そして2語の複合キーワード上位表示されれば、ビックキーワード単体での上位表示も夢ではなくなってくるのです。

ロングテール戦略の極意は継続にあり

継続
アフィリエイトに100%これをやれば成功するという方法はありません。

しかし、1つだけ例外があります。
それは「継続」です。

アフィリエイトを始めても、ほとんどの人が稼げない理由は、途中であきらめてしまうからです。

1ヶ月や2ヶ月、報酬ゼロでも気にすることはありません。
3ヶ月続けてもアクセスが伸びなければ、その原因を徹底的に分析しましょう。

そして、分析した結果を元にして、あなたの書いた記事を見直して下さい。

6ヶ月続けても結果が出なかった。
それでも諦める必要はありません。

理由は明らかだからです。
「そもそも方法が間違っている」

ネットや雑誌やYoutubeなどで寄せ集めた情報を、自分で色々とアレンジした方法でやっていないか?

それで成功するのは1%の「天才」しかいません。

方法が間違っていると気づいたら、正しい方法を学ぶための投資をしましょう。

そこで投資をためらうようなら、残念ですが成功は望めません。

Googleが教えてくれたロングテールキーワードの重要性

Googleデータ
Google Inside Search というサイトがあります。
もちろんGoogleが運営しているサイトで、ユーザーが検索する時の動向調査などを私達に提供してくれています。

その中で

  1. 3語以上の複合キーワードで検索する割合は44%
  2. 1回しか検索されないキーワードの割合は64%
  3. 16%の割合で日々新しいキーワードが生まれている
この結果をみて、あなたは何を感じますか?

私の理解では、ユーザーがどんなキーワードで検索するのかを予測するのは困難だということです。

その中で注目されるのが、44%のユーザーが3語以上の複合キーワードで検索しているという事実。

ロングテールキーワード戦略とは、3語以上の複合キーワードで検索する44%の読者に確実に、良質なコンテンツを届けるための有効な手段なんです。

今回の記事では本音でズバリ書いた部分もありますので、お気を悪くした方もいると思いますが、これからも侍仕事塾よろしくお願いいたします。

あなたも正しい方法でメルマガ始めてみませんか?

前代未聞の超絶価格破壊。こんな価格で会員制サイトが作成できるなんて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください