無料会員制サイト

アフィリエイトでオリジナル記事を書くための721の思考術

私の思考術

あなたの記事はオリジナルですか?
突然こんな質問をされると戸惑うかもしれません。

アフィリエイト中級者や上級者は、オリジナル記事を書くために時間と労力とお金を使っています。

今回のテーマはオリジナル記事の書き方。
侍仕事も過去の記事でライティングテクニックリサーチの方法などについて紹介してきました。

本格的にコンテンツSEOと言われる時代がやってきて、あなたの前に立ちはだかるのは大企業やスーパーアフィリエイターのような強力なライバル達です。

しかし、恐れる事はなかれ。
堂々と戦いを挑んでいきましょう。

とは言っても「そんなに簡単にライバルに勝てるの?」
あなたも私と同じように思ったはずです。

簡単ではないですが、あなたにしか書けないオリジナル記事をどんどんストックしていけば、あなたと読者の信頼感が増してきます。そこで私が実践している思考回路を変えるだけでオリジナル記事が書ける方法を紹介します。

参考記事
アフィリエイトで成功するためのタイトル文章テクニック
物販アフィリエイトで成功する秘訣はリサーチにあり
7の思考術

あなたもオリジナル記事を書くための「731思考術」なんて聞いたことがないはずです。それもそのはずで、これは私が勝手に命名した私独自のオリジナル記事の定義だからです。

では721の正体を紹介します

7の正体とは
いわゆるネットで検索できる三次情報の割合が70%
2の正体とは
雑誌や専門書籍またはテレビなどの二次情報の割合が20%
1の正体
あなた独自の見解や主張の割合が10%

これが私の「731思考術」です。
7の正体の割合が多すぎるのではないかと驚かれましたか?

「そんな書き方をしたらコピペ記事じゃないか(怒)」
ごもっともなお怒りですが、もう少し詳しく説明させてください。

情報過多の時代に完全オリジナル記事を書くのは無理

まず最初に。
三次情報が70%なのに、どうしてコピーコンテンツにならないのか?それはコビーをしていないからです。

本当に分かりにくい言い回しですみません。
しかしリサーチやライバルチェックをするときには、どうしても三次情報に触れることになります。当然、あなたの思考回路にインプットされる事を防ぎ切ることはできません。

そんな時に私が実践しているのが「721思考術」の「7」、単純で簡単な方法なので一度試してみて下さい。

コピーコンテンツにならない「7の思考術」
  1. リサーチとライバルチェックと同時に情報収集
  2. 参考になりそうな文章を箇条書きで書き出していく
  3. この段階では何も考えないで同じ作業を繰り返していく
  4. 書き出した箇条書きの信頼性を確認する
  5. 最後に捨てる項目と残す項目を整理していく

こんな時に便利なのが以前に紹介した「XMind」です。

7の思考術のポイントは考えすぎないで直感的に作業を進めること。ここで考えすぎてしまうと参考にする文章をそもまま書き出してしまいますので、あなたの本能と直感で要点だけを抜き出してください。

そして最も大事なのが4番と5番になります。

作業が全て終わったら休憩してリフレッシュしましょう。気分を変えて見直してみると「これは信頼性がないな」とか「これは薬機法に触れそうだな」とか色々な事に気づきます。

せっかくまとめたブレッドを捨てるのは忍びないと思うかもしれませんが、逆に記事を書く時に邪魔になるので5番も非常に重要になります。

まだ、この段階ではオリジナル記事の作成は出来ません。
次に「2の思考術」を紹介します。

参考記事
アフィリエイトで成功するためのライバルチェックツールの使い方
アフィリエイター必須ツール「XMind」マインドマップの使い方

二次情報を有効活用する「2の思考術」

2の思考術

ここがポイントです。
二次情報は雑誌と書籍やテレビなどになりますが、特に大事になるのが雑誌と書籍です。

雑誌を読む時のポイント
記事よりも広告をチェックすること
書籍を読む時のポイント
最初から最後まで読む必要はなし
テレビなどの媒体
広告が流れている時間帯をチェック

雑誌の収入源は広告です。
広告主は20歳前後あるいは主婦層、または高齢の方々、それぞれ自社商品に合ったターゲット層を絞って広告を出稿します。

そこでペルソナの設定もできますし、ペルソナに対してどんな商品を紹介したらいいのか参考になります。積極的に雑誌に掲載されている広告は知名度も高いのでASPで同じ案件があるかチェックしてください。

書籍を読む時のポイントは最初に目次を読みます。
ある程度の構成を理解してからザックリと流し読みしてみましょう。

ここも直感が頼り。
あなたの目に止まった箇所は「7の思考術」で紹介したように書き出していきましょう。

1冊読み終えるのに目安としては1時間。
私は30分前後がベストだと考えています。

もう一点重要ポイント。
本を読む時は必ずパソコンの前で読む事と、どんなに忙しくても1日1冊を目安としてください。

ソファーに寝そびれながらとか寝る前にベッドの上で読むのはやめましょう。

出勤時に電車などで読む書籍は「しっかりと読む」ための書籍を選ぶようにしましょう。

そしてdocomoの「dマガジン」なら1ヶ月400円程度ですから、Amazonでも楽天でもいいので読み放題を契約する事をオススメします。

この「2の思考術」が終わってもオリジナル記事にはなりません。

参考記事
アフィリエイト初心者が記事を書けない理由はペルソナ設定にあり!

オリジナル記事を書くには「1の思考術」が最重要

1の思考術

最後は「1の思考術」について。
これがなければオリジナル記事を書くことはできません。

それは何か?自己主張です。
必ず自分の意見を書くようにしましょう。

これは記事のカンフル剤でもあります。
やりすぎると嫌われるし、書かなければオリジナル記事にはなりません。

この絶妙なバランスは記事を書き続ける事でしか習得できないかもしれませんが、「どこに自分の意見を書くか」あるいは「どんな意見を書くか」を試行錯誤しながらトライすることが大事です。

記事を書くと言うことは、あなた自身をさらけ出すこと。もしもその覚悟がなければサイトやブログで記事を書くことはやめましょう。

かなり上から目線の私の自己主張ですが、このカンフル剤が効果があるのか逆効果なのかは読者が判断してくれます。

時にはクレームのメール。
また時には励ましのメール。
そして感謝のメール。

記事を書いていると色々な体験ができますから、是非「1の思考術」も実践してみてください。

最後にオリジナル記事を書くための絶対的手法とは?

オリジナル記事

私が考える「721の思考術」は参考になったでしょうか?

これを「622の思考術」にしてもいいし「451の思考術」にしても構わないので、あなたに合った手法を考えてみてください。

そして最後の最後にダメ押しと言うか、「721の思考術」だけではオリジナル記事にはなりません。

それは「詐欺」だと言われそうですが、「721の思考術」は記事を書く前の準備段階です。

記事を書くときには全て自分がまとめた「XMind」を見ながら書くようにしましょう。

絶対にライバルサイトのページを見ながら書いてはいけません。自分ではリライトしているつもりでも、他人が見たらコピーコンテンツだと思われてしまいます。

オリジナル記事を書くための基礎部分が「721の思考術」です。

もしも記事を書いている途中に他のサイト記事をチェックするようでは、基礎部分の「721の思考術」が不足している事になります。

記事は一気に書き上げる。
そうすれば意識しなくても、あなたのオリジナル記事が完成するはずです。

参考にしていただければ幸いです。

それでは・・・

まだありました。
私事ではありますが車にひかれたり何やらで入院していました。

しばらく更新をお休みしていましたが、侍仕事塾は不死身ですので以後よろしくおねがいします。

それでは次回またお会いしするまでさようなら!

経験ゼロだった普通の人が1年で年収1,000万円?!

ゼロから始めて1年間で100万PV達成。秘密の集客術を無料公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください