無料会員制サイト

SEOに強い記事を書くためのキーワード選びの鉄板法則はある?

SEOとキーワード

これからアフィリエイトを始めようと思っている「あなた」は、この先SEO(検索エンジン最適化)やキーワードと言う言葉は聞かない日はないでしょう。

このSEO対策とキーワード選定の方法をマスターしてしまえば鬼に金棒!
年収1億円のスーパーアフィリエイターの仲間入り決定です。

残念ながら、SEOとキーワード選定に「鉄板法則」というものはありません。
「タイトル詐欺だ!」と、怒られそうですが、もし「鉄板法則」知っていれば、一足先に私が年収1億円スーパーアフィリエイターになっているでしょう。

でも、このままでは本当にタイトル詐欺で終わってしまうので、私が知っている事、あるいは経験した事を紹介しながら、SEOとキーワード選定について考えていきたいと思います。

Googleのアドバイス
ご親切にもGoogleさんが公式ブログで、こんなアドバイスをしていれています。

「良質なサイトを作るためのアドバイス 」
[先日、日本語でも実施したアルゴリズム変更、Panda アップデート は、低品質なサイトの掲載順位を下げ、同時に、良質なサイトの掲載順位をより適切に評価します。そこで、昨年英語版の Google Webmaster Central Blog で公開した関連記事を翻訳してご紹介し、Google が考える良質なサイトとはどのようなものかをご説明したいと思います。]

ここ数ヶ月 Google は、検索結果からユーザーが良質なサイトを見つけやすくすることに特に取り組んでいます。Panda アップデート によって、多くの良質なサイトの掲載順位が改善されました。この記事を読んでいる大半の方は、この変化について何も心配しなくてよいでしょう。しかし、この変化にネガティブな影響を受けたと思われるウェブマスターの方には、この記事が役に立つかもしれません。今回は Google が考える良質なサイトについて詳しく解説してみたいと思います

引用元:Google

非常に読みづらい文章ですが、何回か読めばGoogleが思い描く「良質なコンテンツ」が霞の向こう側に見えてきます。

ペンギン・アップデートとパンダ・アップデートによって、行き過ぎた外部リンク対策や、底質なサイトは評価しないと宣言したのです。

まだ読んでいない人は何回も繰り返し読むことをオススメします。

神のお告げを守ってホワイトハットSEOを!

神のお告げ
Googleがあなたにとって神ならば、Googleのお告げを守ってホワイトハットSEOを心がけましょう。

いやいや、Googleだってミスはするんだからと思うならブラックハットSEOを続けてみて下さい。

また新しい言葉「ホワイトハットSEO」と「ブラックハットSEO」。
この2つの違いについては後ほど説明するとして、共通しているのは「良質なコンテンツ」でなければ、どんなSEO対策をしても検索上位に顔を出すことは難しいということです。

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違いについて

ホワイトハットとブラックハット
最初に結論から書かせてもらいますが、実はホワイトだブラックだと騒ぎ立てるほどナンセンスな議論はありません。

ただ、これからアフィリエイトを始める初心者の方には、知っておかなければいけない言葉でもあります。

ホワイトハットSEOについて
読んで字のごとくですが、自作自演の外部リンクや、小手先のテクニックで勝負するのではなく、コンテンツの質で勝負することを主にホワイトSEOといいます。

自作自演の外部リンクではなく内部リンク対策と、適度なキーワードを記事内に散りばめてSEO対策をしっかりすることです。

ブラックハットSEOについて
ブラックと聞いただけで違法な事を連想してしまうかもしれませんが、決してそんな事ではありません。

以前のようにサイトを量産して上位にあげたいサイトにどんどんリンクを送る。
そんな事をしている人はもういないでしょう。

まだ、そんな事をしているとしたら生きた化石と笑われてしまいます。

今の外部リンク(ブラックハットSEO)は、もっともっと進化をしています。
ここで、詳し内容について書くのは遠慮させていただきますが、非常に考えらた高度な技術が必要です。

改めて繰り返しますが、初心者の方はホワイトだブラックだと気にしないで、良質なコンテンツを作ることに神経をそそいで下さい。

キーワードの過去と現在と未来

キーワードの考え方
またか、と非難を浴びるのを覚悟で、こんなタイトルをつけてみました。

実は、このタイトルを付けたのは、私の経験から導き出した深い考えがあってのことなのです。

いやいや、すみません。そこまでありがたいものではありませんが・・・

キーワードの過去について
私がアフィリエイトを始める前、何かを調べる時に、検索窓にどんな文字を打ち込んでいたか。
それが、思い出せないんです。年齢のせい?いくらなんでも、それはちょっと早すぎます。

アフィリエイトをするためには、情報収集は欠かせません。
自然と効率の良い検索の仕方をマスターしていきます。

私にとっての「キーワードの過去」とは、アフィリエイトを始める前の「あなた」と同じような状態の時の事です。

もしかしたら、仕事や趣味で既に検索上手になってしまっているかもしれません。

残念ですが、そんな方には諦めてもらうしかありませんが、まだ検索下手な人にとってはチャンスです。
検索する時に「単語、複合ワード、文章」もしかしたら、もっと違う文字などを打ち込んで検索していたりするかも。

これからアフィリエイトの勉強をしていくと、キーワードについても知識が豊富になっていきます。
これからどんどんキーワードについて勉強すればするほど、私と同じように「昔はどんな調べ方をしていたか」思い出せなくなってしうでしょう。

あなたが、どんな文字を打ち込んで検索しているのか?
アフィリエイト初心者にとっては、これから大きな宝物になるはずですから、今すぐメモを取ったりテキストエディタで保存しておいて下さい。

キーワードの現在について
キーワードの現在とは、今あなたが勉強しようとしている事です。
最初に学ぶことは「商標キーワード+○○」

  • 商標キーワード+口コミ
  • 商標キーワード+効果
  • 商標キーワード+最安値

以上のようなキーワードが初心者には向いていると言われています。
その理由をいくつか上げると

  • 商品の知名度だけで成約することがある
  • 初心者でも記事が書きやすい
  • 少ないアクセスでも売れる商品は売れる
何だかアフィリエイトのキーワードの選び方って簡単。
そう、思われるかもしれませんが、この段階ではあくまでも練習だと思って下さい。

いくら商品の知名度が高くても、例に上げたようなキーワードには多くのライバルが存在します。
たとえ成約したとしても、それはラッキーパンチだと思った方が今後のためです。

キーワードの未来について
それではキーワードの未来とは何なのか?
これは私が勝手に定義した言葉です。
キーワードの未来とは、キーワードの拡張と言ってもいいかもしれません。
キーワードの現在で例をあげた
「商標キーワード+○○」
これを、さらに
「商標キーワード+○○+○○」と拡張する。

そして、さらに
「悩み系キーワード+○○+○○」
さらにさらに
「悩み系キーワード+○○+○○+○○」まで拡張していきます。

これはロングテールキーワードと言われるキーワード戦略の一つです。

鉄板法則は人とのつながりだった!

人とのつながり
ここまでSEO対策とキーワード戦略の鉄板法則はないと書いてきましたが、たった一つだけ鉄板といえるかもしれない法則があります。

それは人とのつながり
ただ人とつながるだけではなく、アフィリエイターの仲間とつながる事です。

アフィリエイトは孤独な作業と言われますが、逆に孤独な作業が好きだからアフィリエイトを始めたいと考えている人もいるでしょう。

しかし、アフィリエイトで成功するためには、積極的に他のアフィリエイターと関わるために、イベントやセミナーに参加して、常に新しい情報に触れることが大事です。

そして最新のSEO対策やキーワード戦略を自分で試してみる。
たとえ失敗したとしても、それは必ずあたなの財産になります。

トライ・アンド・エラーを何度も繰り返しながら、あたなだけの鉄板法則を見つけて下さい。

経験ゼロだった普通の人が1年で年収1,000万円?!

ゼロから始めて1年間で100万PV達成。秘密の集客術を無料公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください