3つの自由を手に入れる新副業革命

ネットビジネスで成功するための思考整理術

思考整理術

もしも、あなたが会社に就職した経験があのであれば、この記事に納得していただける部分が多いはずです。

新入社員のあなたが上司から仕事を頼まれた場合「どの仕事から手をつけて良いのか分からない」

忙しそうに仕事をしている先輩社員には聞きづらいし、あなたの心は焦るばかりで一向に仕事がすすみません。

実は仕事が進まない理由は簡単で、頭の中が整理出来ていないからなんです。

そしてネットビジネスだけではなくリアルビジネスでも、成功している人の共有点は「頭の整理」が完璧に出来ている所。

今回のテーマは、どのようにして「頭の整理」をしたらいいのかについて分かりやすく紹介していきます。

マルチタスク

突然マルチタスクなどと訳のわからない言葉が出てきましたが

マルチタスクとは?

複数の事を同時に行うコンピューター用語。Appleが開発した初代「Macintosh」が、個人ユーザーにマルチタスクの環境を提供した事は有名な話。

あまり説明になっていないですね(汗)

もっと分かりやすく・・・

  1. 複数の作業を同時に行う
  2. 脳の領域を効率的に使用

これでも分かりづらい。。。

ここで注目してもらいたいのが、2番の「脳の領域を効率的に使用」です。つまり人間の脳はマルチタスク(並列作業)をする時、1つの作業に脳全体を使うのでは無いと言うことです。

これで何が分かるのか?
人間の頭脳はマルチタスク(並列作業)には全く向いていなんです。

マルチタスク化すると作業効率が落ちる理由

2つの仕事を同時進行で行った場合、脳はそれぞれに領域を分けることになります。つまり1つの作業に100%の能力を使うことが出来ません。

それが1つの作業に50%、あるいは30%と70%なのかは、自分の意志で決めることは不可能。あくまで主導権を握っているのは「脳」なのですから。

なんとなくマルチタスク(並列作業)で仕事を同時進行したほうが効率的だと考えがちですが、この人間の脳を知ることでマルチタスクはやめましょうと言う結論にたどりつきました。

上司に支持された仕事量をこなして満足しても意味はありません。肝心なのは自己満足ではなく、いかに内容の濃い仕事が出来たかです。

でも上司に言われた仕事はこなさないと・・・。

そう思ってしまうのは無理もありませんが、ただ闇雲に仕事量をこなす部下と、内容の濃い仕事をする部下。あなたが上司の立場なら、どちらを評価しますか?

私なら「内容の濃い仕事をする部下」を評価します。

ここで問題になるのが「内容の濃い仕事」をする方法ですよね。

次からは、その方法について紹介していきましょう。

仕事を効率化するポイントは思考整理がカギ!

思考整理がカギ

思考整理=頭の中を整理

私だったら朝起きてから、あなたが会社員だったら仕事を始める前、これから紹介する方法を実践してみて下さい。

思考整理術

  1. その日の行動予定表を作成
  2. 仕事の優先順位を決める
  3. 行動予定表のタスク管理

当たり前のことしか書いていないので拍子抜けしたかもしれませんが、当たり前のことが出来ないと失敗する確率が増えてしまいます。

3番の「タスク管理」は1つの仕事が終わったらチェックして、就業時間が終わる前に振り返り改善点を検討するために非常に重要な作業です。

この作業を繰り返すことで自然に頭の中は整理されるようになり、意識しなくても内容の濃い仕事が出来るようになります。

動画で見る思考整理術まとめ

動画で見る思考整理術まとめ

1日の行動を管理できなければ、3ヶ月後、1年後に達成したい目標設定も出来ません。

ネットビジネスやリアルビジネスで成功している人達は、例外なく長期的な目標を設定して今日は何をしなければいけないのかを考えられる人達です。

何にでも手を出してしまうと、待っているのは失敗の連続。失敗が続けば仕事への意欲もわいてこなくなり悪循環に。

是非、あなたも頭の中を整理して、日々成長していけるように頑張って下さい。あなたへのアドバイスと言うよりは、私自身が行動できるように記事を書いているようなものですが・・・。

最後までお付き合いして頂き、誠にありがとうございました。

それでは次回お会いするまで、さようなら!

参考記事
原田式メソッドから学ぶ成功の法則とは?
参考記事
目標達成を飛躍的にアップさせるブレインダンプの効果とPDCAサイクル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください