無料会員制サイト

WordPressをカスタマイズするなら子テーマの作成は必須!

Wordpress子テーマ作成

あなたは子テーマを作成していますか?
WordPressをカスタマイズするなら子テーマの作成をオススメします。

簡単なCSSの上書きだけなら子テーマを作成する必要はありませんが、無料のテーマを使用していると他の人と差別化するためにカスタマイズしたくなってきます。

そんな時は必ず子テーマを作成して、親テーマには手をつけないようにしましょう。

直接、親テーマをカスタマイズしてしまうと、テーマが更新されると全て元に戻ってしまいます。カスタマイズするつもりなら子テーマの作成は必須だと思ってください。

今回はどのようにして子テーマを作成するのか?
分かりやすく紹介していきたいと思います。

子テーマに必要なのは2つのファイル

最初のスタートは「あなたにとって子テーマは必要か」を考える事から始めましょう。

WordPressの子テーマを作成する時に必ず必要なのがstyle.css」「と「functions.php」となります。しかし、この2つのファイルを作成するだけならWordpressの「追加CSS」を使用すれば済む事です。

WordPressの子テーマを作成する理由は、テーマの大幅なカスタマイズをする場合に限られます。

もしもオリジナルテーマをカスタマイズしないで、ちょっと背景色を変更するくらいなら前述した「追加CSS」で事足ります。

子テーマが必要な人

  1. テーマの大幅なカスタマイズ
  2. 独自のプラグインを導入したい人

以上のような人は必ず子テーマを作成しましょう。

基本的なWordpress子テーマの作成方法

Wordpress子テーマの作成方法

最初に行う作業は子テーマ用のフォルダを作成することです。

このフォルダの作成にも2つの方法があります。

子テーマのフォルダ作成

  1. FTPソフトで直接フォルダを作成
  2. ローカル(自分のPC)の任意の場所に作成

私がオススメするのは2番のローカル環境にフォルダを作成して、そこにファイルを入れていく方法です。

あまりサーバーやHTML、PHPに自身がない人が、直接FTPソフトでフォルダを作成するのは止めた方が無難でしょう。

それでは「style.css」の作成から始めてみましょう。

/*
Template:Original Theme
Theme Name:Original_child
*/

物凄くシンプルですよね。
もちろん、後でCSSにコードを書き加えていきます。

ここで気をつけて欲しいのは親テーマ(Template)と子テーマ(Theme Name)を一字一句間違わないことです。
大文字が小文字になっているだけでも認識してくれないのでしっかり確認するようにしましょう。

次に「functions.php」を作成しましょう。

<?php
    add_action( ‘wp_enqueue_scripts’, ‘theme_enqueue_styles’ );
    function theme_enqueue_styles() {
      wp_enqueue_style( ‘parent-style’, get_template_directory_uri() . ‘/style.css’ );
      wp_enqueue_style( ‘child-style’, get_stylesheet_directory_uri() . ‘/style.css’, array(‘parent-style’)
    );
    }
?>

上記の「functions.php」はそのまま使用しても大丈夫です。

「functions.php」に独自のショートコードなどを追加する場合は、それなりの知識と経験が必要になりますので最初は我慢しましょう。

カスタマイズしたいファイルを子テーマに追加

ファイルを子テーマに追加

この「style.css」と「functions.php」だけでは子テーマを作成する意味はありません。

ここで最初にやって置くべきことは、いつも通り設計図を作成しておく事です。どんなデザインにカスタマイズするか決めておけば、必要なファイルもおのずと決まってきます。

子テーマのフォルダ作成

  1. FTPソフトで直接フォルダを作成
  2. ローカル(自分のPC)の任意の場所に作成

ここではローカル(自分のPC)にフォルダを作成する方法をオススメします。

次に行うのが完成したデザインに必要なファイルを作成することになります。侍仕事塾のブログのように、ほとんど全て改造する場合は親テーマと同じようなファイルが必要になります。

例)ファイルの種類

  1. style.css
  2. functions.php
  3. header.php
  4. page.php
  5. single.php
  6. footer.php

このようなファイルを親ファイルからコピーして、ローカルフォルダに保存して下さい。

カスタマイズは必ずローカル環境でテスト

ローカル環境でテスト"

今回は子テーマの作成が主テーマになりますので、ローカル環境の構築に関しては参考記事をご覧ください。

絶対にサーバーにアップロードしてからカスタマイズをするのはやめましょう。

ローカル環境を一度構築してしまえば、色々なテーマをカスタマイズする時に使えます。複数のローカル環境を構築することも可能なので、それぞれブログ毎にテストすることも出来ます。

一手間かけるだけで「恐怖のホワイトアウト」を経験しなくて済みますので、面倒だと思わず必ず構築するようにしましょう。

参考記事
初心者でも簡単bitnamiでWordPressローカル環境構築

フォルダを圧縮してサーバーにアップロード

サーバーにアップロード

ローカル(PC)に作成済みのフォルダをZIPファイルに圧縮します。

ダッシュボードからアップロード

  1. 左メニューのテーマをクリック
  2. 新規追加をクリック
  3. テーマのアップロードをクリック
  4. 参照から圧縮したZIPファイルを選択
  5. アップロードが終わったら有効化をクリック
  6. サイトを表示して確認

アップロードして子テーマを有効化した時点では以前と変わらない状態で表示されます。もしも表示されない場合は「style.css」の親テーマ名(Template)などをチェックしてください。

今度は構築したWordpressのローカル環境でカスタマイズを行っていきます。無事カスタマイズが終了したらサーバーにアップロードするのですが、こと時も2つの方法があります。

カスタマイズファイルのアップロード

  1. ダッシュボードから子テーマを削除して再びアップロード
  2. アップロード済みのファイルに上書きをする

ファイル数が少ない場合は2番の方法が簡単です。
サイトを表示して細部にわたって確認をしましょう。

動画で見るWordpress子テーマ作成

それでは実際にWordPressの子テーマの作成方法を動画でごらん下さい。

Wordpressをカスタマイズするなら子テーマの作成は必須!

動画を撮った本人が言うのも何なのですが、今回のテーマのような場合は動画よりも記事の方が分かりやすいですね。

私事で恐縮ですが最近SNSに力を入れ始めたので、とりあえず動画をアップロードしました。

大切な財産を守るWordpressの子テーマ

大切な財産を守るWordpressの子テーマ

今回はWordPress子テーマの作成方法を紹介してきましたが、意外にも子テーマを作成してWordpressを運営している人は少ないんです。

もちろん、全くカスタマイズせずに親テーマを使うなら問題はありませんが、少しでもカスタマイズするなら必ず子テーマを作成するようにしましょう。

あなたの大切な財産を守るのはあなたしかいませんので。

ホワイトアウトを何度も経験してきた私が言うのですから間違いはありません。

それでは次回お会いするまで、さようなら!

あなたも正しい方法でメルマガ始めてみませんか?

前代未聞の超絶価格破壊。こんな価格で会員制サイトが作成できるなんて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください