テクニック?何だか、難しそう。
そんなイメージを持たれるかもしれませんが、決して難しい事はありません。

タイトルや文章には「型(テンプレート)」が存在します。

しっかりとした「型(テンプレート)」を身につけることで、誰でも魅力的なタイトルや文章を書けるようになります。

今回はタイトルや文章の「型(テンプレート)」について紹介していきます。

一文一義
一文一義?
聞きなれない方もいるかもしれませんが、文章を書く時に最も重要なテクニックの一つです。

「一文一義」とは、一つの文章に含まれる情報を一つのテーマにしぼることを言います。

あまりイメージが湧かないと思うので、簡単な例文を交えながら「一文一義」について解説していきます。

明日のセミナーは午後1時からになりますので、事前に配布された資料とノートパソコンを持って、必ず10分事前には会場に到着するようにしてください。

どうでしょうか?意味は通じていますよね。

既にセミナーに参加する人に対して書いた文章ですので、参加者は読みづらくても最後まで読むはずです。

それでは「一文一義」を意識して文章を書いてみましょう。

明日のセミナーは午後1時からとなっております。

会場は10分前には入場可能ですので、時間に遅れないようにお願いします。

事前に配布してある資料とノートパソコンは忘れずに持参してください。

2つの例文を比べて、どちらが読みやすかったでしょうか?

一文一義を意識するだけで、かなり文章が読みやすくなります。
読みやすいと言うことは、理解もされやすいと言うことです。

一文一義を意識しながら記事を書いていても、最初から思うような記事を書くことはできません。
必ず記事を書き上げたら、何度か読み直す癖をつけるようにしましょう。

記事を書いている時には気づかなかった、分かりにくい文章を見つけることができます。

自分で読んで分かりにくいという事は、読者にとってもも分かりにくい文章なはずです。
そんな時は一文一義を意識して、文章を修正することでの記事の完成度が格段に向上します。

記事を書く時は、必ず一文一義を意識するようにしましょう。

箇条書きを多用することで分かりやすい文章に

箇条書き
アフィリエイトの記事を書いていると専門用語などが多く出てきます。

全てを文章で説明しようとすると、読者にとっては非常に読みにくい記事になってしまいがちです。

そんな時は箇条書きを多用するようにしましょう。

○○化粧水はオールインワンの化粧水なので、朝の忙しい時間やお風呂上がりでも簡単にシミやシワのケアができます。

化粧崩れがしにくいので、気づかないうちに厚化粧になる事を防ぐ効果もあります。

上の例文も、しっかりと意味は通じていますよね

それでは下の例文と見比べてください。

○○化粧水はオールインワンの化粧水です。

特徴
  • 朝の忙しい時間でも簡単ケア
  • お風呂上がも○○化粧水で完璧ケア
  • 化粧崩れがしにくいので厚化粧を防止

どうでしょうか?
同じ内容を書いているのに、箇条書きにしただけで印象が変わったと思いませんか。

文章で埋め尽くされた記事は、書いている本人だけが満足するだけ。

読者にとっては箇条書きで整理された文章のほうが圧倒的に読みやすいのです。

箇条書きにできそうな文章は、積極的に箇条書きにするようにしましょう。

メリットばかりではない箇条書きの注意点

箇条書きデメリット
積極的に箇条書きを使用するように言ってきましたが注意点があります。

それは箇条書きの項目数です。

人間の脳は7つ以上の項目数には拒否反応を示すと言われています。

せっかく箇条書きで情報を整理して、読者に分かりやすく伝えようと思った事が逆効果になる場合もあるのです。

それでは具体的な例を紹介していきます。

○○オールインワン化粧水の特徴
  • スキンケアのすべてが詰まった化粧水
  • 忙しい時でもコレ1つで大丈夫
  • オールインワンだから肌への負担が少ない
  • オールインワンだからコスパが最高
  • オールインワン化粧水の後にクリームは不要
  • 保湿ケアが○○化粧品だけで出来る
  • 防腐剤を使用していない
  • 合成着色料を使用していない
  • 合成香料を使用していない
  • 合成界面活性剤を使用していない

上の例では○○オールインワン化粧水の特徴を全て箇条書きにして記述しています。

いくつもの特徴が乱雑に記述されているので、これでは逆効果です。

箇条書きをいくつかにグルーピングしてみましょう。

全てが詰まった○○オールインワン化粧水
  • 化粧水
  • 美容液
  • クリーム
  • パック(マスク)
  • 化粧下地
○○オールインワン化粧水のメリット
  • 忙しい時でもコレ1つで大丈夫
  • オールインワンだからコスパが最高
  • オールインワン化粧水の後にクリームは不要
○○オールインワン化粧水が肌に優しい理由
  • 保湿ケアがひとつの化粧品でできる
  • 防腐剤を使用していない
  • 合成着色料を使用していない
  • 合成香料を使用していない
  • 合成界面活性剤を使用していない

どうでしょうか?
グルーピングして箇条書きにすることで、読者に伝えたい事が明確になったのではないでしょうか。

このように、箇条書きの注意点も頭の中に入れながら記事を書いていきましょう。

魅力的なタイトルをつけるための基本テクニック

タイトルの基本
いくら良質の記事を書いても読んでもらえなければ意味はありません。

そのために重要になるのが「タイトル」です。

もちろんタイトルの重要性は誰もが知っている事だとは思います。

ただ、タイトルにも「型(テンプレート)」がある事を知らない人も多いのではないでしょうか。

タイトルの「型(テンプレート)」
  • 数字を入れる
  • 読者に問いかける
  • 擬声語を入れる
  • 焦燥感を入れる
  • 割安感を入れる
  • その他
ここで紹介した「型(テンプレート)」以外にも多数の型が存在します。

全てを紹介しきれないので、今回は5つのタイトルの「型(テンプレート)」について説明していきます。

タイトルに数字を入れて読者にアピール

タイトル数字
よく数字の魔力と言いますが、タイトルに数字を入れることで、読者にがイメージさせる効果が期待できます。

それでは例をあげながら説明していきます。

たった3分!

自宅で簡単にプロの味が再現できるレシピ

たった3分!自宅でできるプロ技レシピ集!

満足度98.7%!

多くの人が満足して帰ったアフィリエイトセミナー

満足度98.7%!大盛況で終わったアフィリエイトセミナー

全国平均57.9万円!

夏のボーナスは全国的に過去最高の水準に

全国平均57.9万円!夏のボーナスは過去最高水準に

[ip5_divider style=”dashed” margin_top=”20″ margin_bottom=”20″] 数字を入れる時に重要なのが、なくべくギリギリまで細かく数字を示すこと。
  • 約92% ⇒ 92.8%
  • 10万円 ⇒ 101,300円
  • 100回目 ⇒ 101回目
数字をギリギリまで細かくすることで、よりリアリティーを演出することができます。

読者に問いかける疑問形タイトル

タイトル問いかけ
不思議なもので、人は問いかけられると答えたくなってしまいます

読者の興味を引くのには一番簡単なテクニックかもしれません。

しかし、この「問いかけ」タイトルにも、いくつかのスタイルがあるので、例をあげながら紹介していきます。

好奇心を刺激する問いかけ

あなたが会社で出世する方法を紹介します

徹底解明!あたなが会社で出世できない理由とは?

YESと答えたくなる問いかけ

お見合いパーテー開催のお知らせ

まだ遅くない!あなたも素敵なパートナーを見つけませんか?

結果をイメージさせる問いかけ

置き換えダイエットの方法を紹介します

ダイエットが成功したら一番やりたいことは何ですか?

[ip5_divider style=”dashed” margin_top=”20″ margin_bottom=”20″] ただ、読者の興味を引くために「問いかけ」るだけではいけません。

せっかく訪問してくれた読者に、「問いかけ」に対する答えが書かれていなければ信用をなくすだけです。

問いかけと答えはセットだと考えて記事を書くようにしましょう。

擬声語で臨場感を演出するタイトル

タイトル擬声語
擬声語は擬音語と擬態語にわけることができます。

擬音語とは
物が発する音を文字で表現することを擬音語といいます。
擬態語とは
音のないものを文字で表現することを擬態語と言います。

こんな説明ではピンとこないと思うので、さっそく例文で説明していきましょう。

擬音語ジュワッ

当店の一番人気は美味しいステーキです

噛んだ瞬間にジュワッとあふれだすステーキの肉汁

擬態語サクサク

残業しないための仕事術

仕事がサクサクはかどる残業しらずの仕事術

擬態語ツヤツヤ

ぬり心地が抜群のスキンクリーム

誰もが驚くツヤツヤした肌触りのスキンクリーム

[ip5_divider style=”dashed” margin_top=”20″ margin_bottom=”20″] 例であげた擬声語以外にも、ジュージュー、ゴクゴク、ツンツン、ふんわり、などなど上げれば切りがないほどあります。

擬声語で臨場感を演出して、読者の興味を引くタイトルを考えてみましょう。

焦燥感で読者の潜在意識に訴えるタイトル

タイトル焦燥感
タイトルに焦燥感をあおる言葉を入れる時は注意が必要です。

なぜ注意が必要かと言うと「焦燥感=不安」だから。

記事の書き方によっては、読者の不安をあおるだけで読んだ後に不快感しか残らないことにもなりかねません。

充分に注意をしながら使うようにしましょう。

それでは例文を紹介していきます。

まで、決まる

子供のしつけに悩む親が増えているようです

子供の将来は3歳までのしつけで全てが決まる

残り2席、終了目前

人気のセミナーですので予約はお早めに

残り2席!大人気セミナー予約終了目前!

ブラック化、大丈夫

最近は会社の残業が増えてきているようです

進む会社のブラック化!あなたの会社は大丈夫?

[ip5_divider style=”dashed” margin_top=”20″ margin_bottom=”20″] 最初に書いたように「焦燥感=不安」ですから、充分に読者に対して配慮を忘れないようにタイトルを考えるようにしましょう。

最初は不安でも、読み終えたあとはスッキリとした気持ちになれるような記事を書くことを心掛けてください。

タイトルに割安感を入れて読者の興味を鷲づかみ

タイトル割安感
アフィリエイトをしていると一番多く使うのが割安感を入れたタイトルかもしれません。

ただ、割安感を入れたタイトルは、どうしてもセールス色が強くなりがちです。

アフィリエイターは商品ページに読者を誘導することが一番の役割ですから、使いすぎには充分に注意をしましょう。

それでは例文を紹介していきます。

円高還元

有名ブランドの高級腕時計が今だけ激安

円高還元!有名ブランド高級腕時計が激安価格で!

生産終了在庫処分

高級家具が最大で70%OFF

生産終了在庫処分!高級家具が最大70%OFF

人件費大幅カット

無駄を徹底的にカットした格安ネット申し込み保険

人件費大幅カット!ネットだからできる格安保険申込み

[ip5_divider style=”dashed” margin_top=”20″ margin_bottom=”20″] 割安感をタイトルにいれる時に、絶対に気をつけなければいけない点があります。

それは、なぜ割安なのか?

短いタイトルの中に、しっかりと割安の理由と、どれくらい割安なのかを入れる必要があります。

何の根拠もなく「割安感」をアピールしても、読者の心には響かないので注意してください。

本質は記事の内容であることを忘れずに

サクセスロード
今回は文章力をアップさせるための「一文一義」と魅力的なタイトルの付け方について紹介してきました。

最後に誤解のないように言っておきたいのは、あくまでもタイトルは記事への入り口でしかないということ。

本質は記事の内容です。

つまり文章力がなければ読者が満足するような記事を書くことはできません。

ただ、難しく考えることはありません。

私たちは作家ではなくアフィリエイターです。

意味もなく難しい漢字や四字熟語を使う必要もないし、専門的な言葉を並べる必要もありません。

よく「小学5年生でも分かるような文章」と言われるように、普段あなたが使っている言葉を、そのまま文章にするだけです。

ただし、最低限のルール「一文一義」を守りながら魅力的なタイトルで読者を集める。

そして、読者が求める答えを記事として返してあげることが、良質なコンテンツを作る最大の秘訣なのではないでしょうか。

是非あなたも、良質なコンテンツを量産してアフィリエイトでガッツリ稼いでください。