無料会員制サイト

アフィリエイター必須ツール「XMind」マインドマップの使い方

XMindマインドマップ

あなたは記事を書く前にどんな作業をしていますか?
もしも、いきなり記事を書いているとしたら、それは大きな間違いです。

記事を書く前には徹底的なリサーチをする必要があります。
当然ですがリサーチをした結果は、エクセルやワードなどにまとめて整理していると思います。

手書きでメモを取る人もいるでしょう。

とにかく良質な記事を書くためには、リサーチと思考の整理は大事になります。
そんな時に非常に便利なのがマインドマッピングツール。

マインドマッピングツールの中でも有名なのが「XMind」です。

今回はマインドマッピングツール「XMind」の導入方法から使い方まで紹介していきます。

思考整理
人間の脳は忘れる事が得意です。
もし忘れないと脳がオーバーヒートを起こしてしまって大変な事になってしまうからです。

昔から仕事ができる人はメモ魔だと言われています。

私が知っている人も、モニターには付箋がベタベタ張ってあります。

そして時間に余裕がある時に、付箋をグループ分けをして思考の整理をするそうなんです。

もしかしたら、そんなアナログな方法が一番効率がいいのかもしれません。

ただ、私たちは毎日自宅で仕事が出来るとは限りませんよね。

デジタルの思考整理術をマスターしておけば、どこでも簡単にリサーチ結果やアイディアを見ることができます。

今回紹介するマインドマッピングツール「XMind」を使えるようになれば、作業効率も格段にアップすることは間違いなし。

とにかく使ってみて下さい。
言葉でいくら説明しても、「XMind」の凄さを伝えるの難しいんです。

尚、「XMind」は有料版と無料版があります。

無料版は一部機能制限がありますが、無料版でも充分に使えるようになっていますので、今回は無料版を中心に話を進めていきます。

それでは次からは「XMind」のインストール方法について説明していきます。

XMindのインストール方法

インストール方法は非常に簡単です。
ホームページにアクセス

ホームページ
http://jp.xmind.net/
画像を参考にして「無料ダウンロード」をクリックしてください。

OSを選択する

OS選択
あなたの環境に合ったOS版を選択してください。

ダウンロード

ダウンロード
XMindのダウンロードページに移動したら、「ライセンスの内容に同意します」にチェックを入れてください。

Windows版とポータブル版の違いについて
機能的にはWindows版とポータブル版に違いはありません。
Windows版の特徴
Windows版はパソコンにインストールします。インストールの仕方はEXEファイルを実行して指示に従ってインストールしてください。
ポータブル版の特徴
ポータブル版はUSBなどにインストールして持ち歩くことができます。インストール方法はZIPファイルをUSBに保存して解凍してください。
あなたの環境に合わせて、Windows版かポータブル版を選んで下さい。

私の場合はデスクトップ2台とノートパソコンにはWindows版をインストールしています。

ポータブル版は他人のパソコンでマインドマップを見せる時などに使ったりしています。

XMindのメリットとデメリット

メリットとデメリット
ここではXMindのメリットとデメリットについて紹介します。
XMindのメリット
  • 自分の思考を可視化できる
  • リサーチ力が格段にアップする
  • 自分なりの記事のテンプレートを作成できる
  • 記事を書くスピードが驚くほど早くなる
XMindのデメリット
  • 使い慣れるまで多少努力が必要
  • 他には見当たりません
メリットとデメリットと言いながら、デメリットはほとんどありません。

ただ、最初にXMindを起動した時点で拒否反応を示す方もいるかもしれませんが、絶対に諦めないで使い慣れるまで努力してください。

XMindが使えるようになれば、メリットで紹介したように良い事しかありません。

それでは次からはXMindの使い方を紹介します。

XMindの使い方を徹底解説

XMindを起動

起動
XMindを起動すると画像のように表示されます。
「空白のマップを新規作成」をクリックしてください。

中心トピック

中心トピック
画像のように「中心トピック」が表示されます。

メニューから新規作成

新規作成
メニューから「新規作成」をクリックすると、先程とは違った画面が表示されます。

ブランクとテンプレート

ブランクとテンプレート
画像のようにブランク(空)とテンプレートがあります。

テンプレート

テンプレート
魅力的なテンプレートがたくさんありますが、最初のうちは使うことはないでしょう。

ブランクを使用

ブランクとテンプレート
基本的にはブランクを使用する事になります。
ブランクにも色々な種類があって迷ってしまうでしょう。

XMindにクラウドサービスがあったのですが、このサービスは終了する事になりました。

ただEvernoteやGoogle Driveに保存すれば、外出先でも使えるので是非クラウドサービスを活用する事をオススメします。

Evernoteへの保存はメニューから選べますので便利だと思います。

私の文章力では、これ以上詳しく紹介する自信がありません。

しかし、どうしても使い方を伝えたいので動画を作成しました。。

動画で見るXMindの使い方

かなり滑舌が悪いので「え~」とか「あ~」など、聞きづらい点があると思いますが我慢して見て頂ければとおもいます。

どうでしょうか、私の声は?
いやいや、そんな話はどうでもいいですよね。

とにかく使い慣れるまでは悪戦苦闘してください。

私のマインドマップを配布します

資料ダウンロード
このMindマップを知ったのは、私が所属している塾の講師から教えてもらったものです。

非常に便利なツールですので、あなたにもシェアできればと思い紹介しました。

ただ使い方を紹介してもMindマップの便利さは伝わらないと思うので、私が記事作成をするときのマップを配布します。

一応、著作権は放棄していないので以下の点は守ってください。

  • あくまでも個人使用に限ります
  • このマップを無断で配布する事は禁止します
以上の内容はあなたと私の紳士協定だと思ってください。

私のマップを参考にして、あなたの使いやすいマップを作成するのは自由です。

もちろん、その時は著作権は私ではなく「あなた」に属します。

よりよいマップを作成して良質なコンテンツを書きまくってください。

それでは、あなたの成功を祈って今回の記事は終了します!

 資料をダウンロードする

経験ゼロだった普通の人が1年で年収1,000万円?!

ゼロから始めて1年間で100万PV達成。秘密の集客術を無料公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください